残念なデザインで・・・

  • 2011.04.26 Tuesday
  • 23:59
ちなみにオーナーは、狭くなったエレベータホールの床がお気に入りの様子。

その床は、『バブルの頃の温泉宿』みたいなゴシック柄。
なんちゅうか・・・『マイアミ警察署前』の装飾にも似てる。

デザイナーが誰なのか不明だけど、ちぐはぐのデザインなの。
壁以外は、というか足もとがすべてのバランスを崩してる。


温泉宿しかり、せっかく新しくしたのに足場の悪いスロープ。
エレベータの床は汚いままアールヌーボー柄のエンボスを施してる。
廊下は、石盤模様のクッションフロアといった感じ。


私に任せてくれたら、住みやすく調和のとれたデザインにしてあげたのに。
と、断然お断りだけど、思ったりするわけで。

人を殺しかけても強行した結果がこれとは、惜しい。
酷い工事をしたのなら、いっそもっとステキにすればよかったのに。
いや、元々こういう趣味なのかも。


<住人を閉じ込めたまま強行している『メゾン・ド・ヴィレ赤坂』解体工事>
コメント
久々のコメントありがとうございます。

メゾン・ド・ヴィレ収容所から逃げ切れてない、腰の重い私です。

はい。変なエンボスつけてるんです。
写真撮っておきますね!

はりぼて外壁は、笹竹で多少隠されて悪くないですが、4月27日現在ブルトーザー付きです。

エレベータホール、壁はそこそこ好みですが、とにかく床が凄い。今は周りの床石も入り色はバランス取れましたが、制作中を垣間見たときの衝撃は忘れられません。

エントランスもホールも狭くなって、前のゆったりとしたラグジュアリー感が消えた分、素材で高級感を頑張ろうとした結果、悪趣味になってしまった感じ。

バブル期の地方温泉宿マーク(床の事ね)は、入口正面に置けず、エレベータ前にも置けず、途中に配置してるんですが、だったらせめて動線に向けてほしい。毎度違和感を感じるのは、自分がデザイナーだから?

住人の入口は赤坂駅から遠くなりました。

スロープはガタガタの石。まだ丸みをもたない乱割りした刺々しい石が、
ガタガタに敷かれていて、遠くから見るには風情がある。
けど歩くとすぐ靴をダメにしちゃいます。
メゾン・ド・ヴィレ赤坂では、安く捨てれる靴を!

あと、テナント(シースルーでこのままではプライバシーなし)が増えました。


悪趣味な床はともかく、他は好みの問題かなぁ。古いんですよね。部分部分のデザインが。1980年代の最新とハリボテモダン、厳密に言うなら15世紀と17世紀の欧州もって感じでしょうか。

前の広いエントランスはよかったなぁ。
それこそデザインも古かったけど、悪趣味ではなかったですよね(丸ドア以外)。普通でしっかりした感じ。


ともあれ、どんなデザインだろうと関係ないですよね。
ガレキを踏みつけて歩くスロープや、泥だらけの通路に比べれば、普通の建物だもん。
  • fuyumi
  • 2011/04/27 3:34 AM
写真がみたいです!!

アールヌーボー風な床!?
張りぼて外壁で、外には竹が植わってるそうですね(-o-;)
来年の春には筍の収穫でもするつもりなのでは?(・_・;)
  • サンザン赤坂
  • 2011/04/27 2:49 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

twitter

今イタリアは何時?


selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM